プロフィール

GRASSROOTS

Author:GRASSROOTS
NO ROCK NO LIFE
カッコよいヲヤジBand目指し
CopyOnlyで奮闘中!

音楽ネタはボキャブラリ不足で
あまり薀蓄などは書けませんが
極力、音源をあげるので
皆さんの感性でご判断ください。
一人でも新しい音に
出会ってもらえたら嬉しいですね

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adam Schlesinger

【ラブソングができるまで】という
ヒュー・グラントドリュー・バリモア主演の映画を見ました
ラブコメディをやらせれば鉄板の2人が競演すれば、こける訳はなく
見る側の期待にきっちりと応える王道ラブコメです

ま、このブログで映画を語るつもりも無いのですが
この映画、主演2人の魅力を十分に惹きだしていることも
見所ながら、さらにポイントとなるのが、音楽

劇中のヒュー・グラントは全て本人が歌っています
結構歌えてますよね~

なんと言っても、メイン曲の「愛の戻る道」に込められた素晴らしいメロディ



その他、モロ80’sな挿入歌も含め、劇中の音楽を楽しむ為に
この映画を見ても楽しめますよ

本作の音楽担当はFountains of wayneAdam Schlesinger

Fountains of Wayneの音楽自体も抜群のメロディ満載なのですが
このAdamの紡ぐメロディは本当にガンガンに私の琴線に触れます

昔、トム・ハンクスの映画で「すべてをあなたに」という
これまた、音楽を題材とした青春映画があったのですが、
この映画の主題曲を書いたのも、このAdam


このアルバムも当時はかなり聞きこんだもんです。

これだけの才能がある割りに、所属バンドはさほどメジャーじゃないんですよね
もったいない
サウンドがギターポップにより過ぎているからかなぁ

良かったら、皆さんも是非、ご一聴を

Fountains of Wayne : Official HP
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://grassrootsrock.blog87.fc2.com/tb.php/89-7e05c7fa

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。