プロフィール

GRASSROOTS

Author:GRASSROOTS
NO ROCK NO LIFE
カッコよいヲヤジBand目指し
CopyOnlyで奮闘中!

音楽ネタはボキャブラリ不足で
あまり薀蓄などは書けませんが
極力、音源をあげるので
皆さんの感性でご判断ください。
一人でも新しい音に
出会ってもらえたら嬉しいですね

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾コータロー 激テクギタリスト

ども、G:管理人です。

ちょっと、趣向を変えて今日の話題は
【押尾コータロー】

とりあえず、百聞は一見にしかずです。こちらをどうぞ


「Big Blue Ocean」
 

<ギター>を形容する言葉に
「ギターは世界最小のオーケストラである」というのがあるそうです。
1つの楽器で、ベースもメロディも時にはリズムも再現できる。
この【押尾コータロー】を聴くと納得できる部分がありますよね。
これ、映像なく音だけ聞いたら、ギター1本でやってるということを
信じない人もいるのではないでしょうか。
【DEPAPEPE】もギターインストと言う意味では同ジャンルだし
イイんでしょうが【押尾コータロー】はイイ以上に凄いですね。
日本にも凄い人がいるのねぇと言うのが、正直な感想です。

彼と同じ系統で先に聞いて衝撃的だったのが
【Tuck Andress】です。
【Tuck & Patti】の人と言えばわかるでしょうか。
彼のギターを最初聞いた時の衝撃も相当なものでした。
「マジでギター1本でこの音だしてんのかぁ?」と。
ブルーノートで生を見たときはTuckのテクニックと
Pattiの抜群の歌声にただただ感動したものです。

「Castles Made Of Sand/Little Wing」
                    

「Europe」

個人的にはオリジナルではないものの【Tuck & Patti】で最高の曲だと思っているのは
【Cyndi Lauper】「Time After Time」のカバーでして
原曲の素晴らしさを最大限に引き出していると思います。
ちょっと、音源がなかったのですが、一度聞いてみる機会があれば
是非オススメしますよ

オマケというには、あまりに恐れ多いですが、
「Time After Time」で探していたら、
なんと【Miles Davis】のVersionがありました。渋いです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://grassrootsrock.blog87.fc2.com/tb.php/46-8de8cdc3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。