プロフィール

GRASSROOTS

Author:GRASSROOTS
NO ROCK NO LIFE
カッコよいヲヤジBand目指し
CopyOnlyで奮闘中!

音楽ネタはボキャブラリ不足で
あまり薀蓄などは書けませんが
極力、音源をあげるので
皆さんの感性でご判断ください。
一人でも新しい音に
出会ってもらえたら嬉しいですね

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tim Christensen

ども、G:管理人です。

今回は【Tim Christensen】
ご存知ですかね?
【Dizzy Mizz Lizzy】のVocalといえば、ピンとくる人もいるかもしれないですね。


デンマーク出身の3ピースバンド【Dizzy Mizz Lizzy】は
その独特のフックあるメロディが特徴で、日本でも人気Bandの一つでした。
アルバム2枚発表後、音楽性の不一致などと言う理由で惜しまれつつも突然の解散。

メロディに重きを置いた音にめっぽう弱いG:管理人も好きだったバンドだけに
解散は非常に残念だったのですが、
実質【Dizzy Mizz Lizzy】とイコールに近かった【Tim Christensen】がソロとして復活したことは
非常に嬉しい出来事でした。

ソロ1作目「Secrets on Parade」は作風自体はややダークなものの彼の非凡な才能を感じる出来。
その後に発売された2作目「HoneyBurst」はかなり期待を上回る出来で
彼のメロディメイカー/ソングライターとしての才能を堪能できる1枚です。

「Whispering at the Top of My Lungs」

「Right Next To The Right One」
                    

「Love is a Loser's Game」


Myspace:【Tim Christensen】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://grassrootsrock.blog87.fc2.com/tb.php/25-f5306f51

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。