プロフィール

GRASSROOTS

Author:GRASSROOTS
NO ROCK NO LIFE
カッコよいヲヤジBand目指し
CopyOnlyで奮闘中!

音楽ネタはボキャブラリ不足で
あまり薀蓄などは書けませんが
極力、音源をあげるので
皆さんの感性でご判断ください。
一人でも新しい音に
出会ってもらえたら嬉しいですね

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初LIVE

どうも、G:管理人です。

さてまぁ、高校の頃、前述のように【GUNS N'ROSES】のコピーをしてましたが
初めて人前でバンドとしてやったのは、確か高校2年の文化祭LIVE予選。
曲は
「SWEET CHILD O'MINE」
                    

結果は見事落選・・・・バンド活動がやたら盛んだった我が母校、
予選突破のハードルは高かったのです

しかし、当時G:管理人の所属したサッカー部の先輩バンドが
見事に予選通過。
予選はG×1だったのが、予選で後輩の僕が弾くのを見て
本番の学祭でのサイドギターにスカウトしていただき、
なんと、予想外の形で人前デビューをしたのでした
初LIVEがパートナーVo:うっちんとではなかったのは残念でした。

当時のことは、うろ覚えですが確かその文化祭LIVEのSetListは
【HELLOWEEN】I'M ALIVE
                    

【METALLICA】MASTER OF PUPPETS
                    

【SKID ROW】PEACE OF ME
                    

【WARRANT】HEAVEN
                    

【GAMMA RAY】HEAVEN CAN'T WAIT


こんな感じではなかったかと思います。
いや~懐かしいなぁ
しかし、見事なちゃんぽんですね、今思い返せば。

当時何がキツかったかって、ギター初めて対してキャリアも無いのに
「MASTER OF PUPPETS」やったこと。
わかる人にはわかる(当たり前か)けど、こ~のダウンピッキングが
キツかったのなんのって。
ピッキングの力の入れ方がやや変なG:管理人には相当の難易度で
それこそ、息止めて全力で200mくらい突っ走るような感じでした。
ブレイクの度に、「ゼェ~ゼェ~」ってなもんです
あと、「HEAVEN」のコーラスもKeyが高かったなぁ~

先輩達とはそれっきり一緒にやることはなかったのですが
今頃何されてるんだろう・・・・
スポンサーサイト

Previous Days 3

どうも、G:管理人です。
バンド遍歴のその3です。

Vo:うっちんと2人でのアコースティック行脚終焉後、
G:管理人の私も無事大学へ入学。
そこで、入った音楽サークルで出会ったのが、現在のB:大です。
サークルでもバンドは組む事になってやってはいたのですが
そこから気のあう人間を引き込んでついにVo:うっちんとのバンド再開。

ちなみにその当時のメンバであるほかの二人、
GとDrはその後、プロとして活動をしています
ちなみにGが
http://greentea.apple.cx/
で、Drがこちら
http://homepage.mac.com/taroro76/
残念ながら売れているわけではないですが、
元仲間としては頑張って欲しいものです

さて、新しいバンドは二人のアコースティク行脚時の名前を引き継ぎ
【Pride & Joy】で活動してました。

高校の頃とやや趣味が移ったこともあり
【The Black Crowes】のコピーをメインにやってました。

当時、最も好んでやっていたのが下記2曲ですね
Jealous Again


No Speak No Slave


合間に【ALLMAN BROTHERS BAND】のBlackHeartedWomanや
【Jeff Healy】VersionでWhile My Guitar Gentley Weepsなんぞやりましたね、

基本的にはもう1人のGがうまかったのでG:管理人はこの時はSGでした。
や~このバンドも楽しかったですねぇ
いつか、この当時の面子でやれる機会なんてあるといいなぁとよく思います。

Previous Days 2

どうも、G:管理人です。
バンド遍歴のその2です。

メンバがチリジリになった為(そういうことにしている)HEATSEEKERは解散。
しかしながら、G:管理人とVo:うっちんはアコギ一本で数箇所でLiveをしてました。
バンド名はPride & Joy
実はこの名前はG:管理人のFavariteGuitaristの1人でもあります
【S.R.Vaughan】の曲から拝借しております。

【S.R.Vaughan】




参考までに、Vo:うっちんの専門学校文化祭にて演奏した時のSetListがコレ
1.It's So Easy(GN'R)
2.Down In The Hole(Alice In Chains)
3.N.F.B.(Anthrax)
4.Yesterddays(GN'R)
5.Signs(Tesla Version)
6.Don't Cry(GN'R)
7.Sanfrancisco Bay Blues(Eric Clapton Version)

GN'R3曲というのが、我々のカラーですなぁ
この時のLiveは他のバンドがやたらと知人が見に来ていたのに対して
うちはほとんどそれが無くてねぇ~
前のバンドが終わった途端に会場はガラ~ン
まぁその分お気楽に楽しくやってたんですけどね、
そろそろ次のバンドのお客さんが我々の最後の方には入ってくるわけです。
やってる側からすると、僕らの演奏を見て、他人様達が「悪く無いじゃん」と
思っているのが結構感じられて、そこそこ気分良かったんです。
で、6曲目の終わった時にはそれこそ思いもよらなかったくらいの拍手喝采と大歓声
あの時は本当に気持ちよかったのを今でもよく覚えています。
当時の音源もMDで残していますが、今聞いても前半と後半の拍手が天地の差で
たまにVo:うっちんと二人で「あん時は良かった」談義をします

他のLiveではBeatlesLennyKravitzのRosemaryなんかもやりましたね

しかし、アコースティクばっかりやってると流石に飽きてきまして
僕が大学に入ったら(浪人で他人の文化祭に出る不届き物でしたが)
必ずバンド再開を誓って、アコースティック行脚は幕を閉じたのでした

Previous Days 1

どうも、G:管理人です。

参考までにこれまでのバンドの歴史なんぞ

そもそもG:管理人とVo:うっちんは高校の同級生でして
その頃から共に活動していました。

バンド名は【HEATSEEKER】
AC/DCのアルバム「Blow Up Your Video」のオープニング・チューンからの拝借です。
ちなみにこんな曲。
 
その割にはAC/DCってあまりやらなかったなぁ

当時は4人で始めて途中から5人編成へ。
初めの頃は、Motleyなんかのコピーもしていましたが
本格的になった頃からは基本は【GUNS N'ROSES】のオタクバンドでした。
通常のコピーに飽き足らず、何年のどこそこVersionとか、よ~やってましたなぁ・・・・

GN'RってやはりAXLの独特の声なんかは必須になるわけですが
うちのバンドがLuckyだったのはVo:うっちんがかなりその辺りを再現できてた事ですね。
無論、あのダンスもハイトーンもきっちりと。
初めて見る人には結構なインパクトがあったはずですね。

当時は「APPETITE FOR DESTRUCTION」の曲は全部抑えてましたが、
「USE YOUR ILLUSION」が発売されるのは残念ながらちょうど僕らが高校を卒業する頃。
卒業と同時にこのバンドは解散状態になったので、
このアルバムからやった曲は少なかったですね。

しかし、当時の録音を今聞いても、荒削りながら悪くなかったよなぁと思っちゃいます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。