プロフィール

GRASSROOTS

Author:GRASSROOTS
NO ROCK NO LIFE
カッコよいヲヤジBand目指し
CopyOnlyで奮闘中!

音楽ネタはボキャブラリ不足で
あまり薀蓄などは書けませんが
極力、音源をあげるので
皆さんの感性でご判断ください。
一人でも新しい音に
出会ってもらえたら嬉しいですね

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の1曲 4/20

【Philip Sayce】 - One Foot in the Grave



ここ最近ではストラトをここまでかき鳴らす人はそうそういない。
魂込めてますって感じでしょうか。
ここ数年、レスポールをメインに使っている私も
彼の演奏を見聞きすると、あ~やっぱストラトもエエねぇと思います。

だって、レスポールとかをこんな熱く弾いても
ちょっとはまらない気がしますから・・・・
ハムバッカーではない、シングルだからこその音ですよね。

弦は1-0.11~6-0.59らしいのですが、
1-0.11はちょっと意外です。
あんだけかき鳴らすと切れてしまいだし、0.13くらいにしてるかと。
それでも、6-0.59はニヤリとさせるチョイスです。

や~それにしましても、彼は音のみにとどまらず、
アクションまでS.R.Vaughanやってますなぁ
アップ・ピッキングからのチョーキングで顔歪めるとか
そのまんまやん

前回の来日は東京だけのショーケースみたいな感じだったので
今年また戻ってきてくれるといいんですけどねぇ
スポンサーサイト

【Jeff Healey】 R.I.P

ども、G:管理人です。

先日、悲しいニュースが流れました

【Jeff Healey】逝去・・・・・
享年41歳、なんという若さでしょう。
癌だったそうです。

またも、Bluesは若い才能の命を失うことに

【Jeff Healey】は、1歳の時に視力を失いながらも独学でギターを修得し、
椅子に腰掛け、膝の上にギターを乗せてプレイするスタイルを確率。
最近ではPhilp Sayceの実質的な師としても名前があがっており
なんと今月には久し振りのアルバムまで出る予定だった。

その独特のスタイルから「盲目のギタリスト」という肩書きがついて回ったが
純粋なBluesGuitaristとして1人のArtistとして才能豊かなMusicianでした。

HR/HMを聴く私ですが、<泣きのギター>が聴きたいといわれれば
普通の人ならMichaelShenkerと来るところを
よくJeff Healey「While my guitar gentley weeps」を出していました。

本当に残念です。

R.I.P Jeff 

While My Guitar Gently Weeps



Angel Eyes


As The Years Passing By


With Philip Sayce

もはや、この師弟コンビの演奏は永遠にみられないのです・・・・・

LD Miller 怪童・・・・

ども、G:管理人です。

今回は、日本ではほぼ無名と言ってもいいくらいなのに、
本国アメリカでは手堅い人気を誇る【Blues Traveler】をと思っていました。

しか~しその途中、スゲェの見つけちゃったんで、そちらへ変更

とりあえず、そもそもの発端の映像を



・・・続きを読む

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。