プロフィール

GRASSROOTS

Author:GRASSROOTS
NO ROCK NO LIFE
カッコよいヲヤジBand目指し
CopyOnlyで奮闘中!

音楽ネタはボキャブラリ不足で
あまり薀蓄などは書けませんが
極力、音源をあげるので
皆さんの感性でご判断ください。
一人でも新しい音に
出会ってもらえたら嬉しいですね

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DANGER DANGER】

ども、G:管理人です。

本日は【DANGER DANGER】

80年代後半のAmericanRcokでは一番好きなバンドです。

1989年にバンド名と同名タイトルのアルバム「DANGER DANGER」でデビュー

当時は溢れるように有象無象のバンドが現れていた時期であり
ビジュアルが良いとどうしてもややアイドルちっくに取り扱われたりしていました。
彼らもやや黄色い声援の飛ぶバンドであったことは事実ですが
DANGER DANGERの特徴と言えば、とにかくその楽曲の良さ。
わかりやすく言えばいわゆる≪キャッチー≫なのでしょうが、
そんな安い響きではなく、本当にメロディーの素晴らしい音を聞かせます。

多くのバンドが消え行く中、彼らは今でも地道に活動を続けており
国内にも根強いファン層がいるんですよね。

若い人なんかで聞いたことがない人は是非聞いてみて下さい
メロディアスロック好きならきっと気に入ると思います

「Under The Gun」


「Beat The Bullet」


「Rock America」


「Monkey Buisiness」


「I Still Think About You」

バラードはやっぱこれですかねぇ

ちなみに初期のギタリストであるAndy Timmons
かれも系譜で言えば、テキサス・ギター・スリンガーって奴ですが
バンド脱退後はややフュージョンっぽい音をやっています。
この曲での2:00過ぎ辺りからの泣きはなかなかのものですよ

「Cry For you」


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。